メニュー

検索はこちら

 

お問い合わせ

096-368-3526

お気軽にどうぞ!

【地域活動】平成28年度「高齢者と子どものふれあい食事会」

平成28年度「高齢者と子どものふれあい食事会」を開催しました。。

 

平成29年2月8日(水)に熊本市中央区の大江公民館にて、認定こども園 九州学院みどり幼稚園の園児26名と教諭2名、祖母及び近くの老人会(9名)を招き、調理や会食を楽しみました。
地域活動栄養士は24名が参加し、調理及び会場設営・食育講話を実施しました。

 

食育講話は山野会員による、「かたつむりのカタくん、ツムくん『うんちはなにいろ?』」のペープサートとパネルシアター。
参加した園児たちは、終始笑顔で、山野会員の問いかけに答えながら、楽しい講話の時間を過ごしました。

地域活動

 

調理体験は、だんごをこねて丸める作業や、クッキーの形づくりを体験。
園児たちからは、「やわらかい」「このくらいでいいのかなぁ」「できたよ!」など、思い思いの声があがりました。
作っただんごを友達と比べ合ったり、見せ合ったりと楽しく体験できたようでした。

地域活動

 

医療メニュー
1.大豆ごはん   
2.小袖だご汁   
3.ささみの甘酢漬け   
4.ほうれん草のあえもの   
5.蓮根のきんぴら   
6.サクサクボーロ
(お弁当箱のため、彩にミニトマトときんかんを添えました)

 

地域活動

 

会食は、上記メニューをお弁当箱に詰めたものを試食しました。
1人分ずつきれいに盛り付けてあったお弁当を見て、「おいしそう」「おなかがへった!」との歓声が上がり、季節物のきんかんがとても好評でした。
会食後は、発表会。 園児のみなさんからの歌2曲。内1曲は園のうたを歌っていただきました。
そして、「くまモン体操」を披露。 参加者が知っている曲のため、一緒に踊る会員もいて、楽しい時間を過ごしました。
快くご協力いただいた、みどり幼稚園のみなさま、老人会のみなさま、その他関係者のみなさまへ感謝いたします。
参加された会員のみなさま、お疲れ様でした。
(後記) 「食べることは生きること」 子どもと高齢者が楽しく食べる機会をつくることで、気づかされることがたくさんありました。
これからも地域活動の管理栄養士・栄養士として、食事の大切さを伝える場にしっかりと関わっていけたらと思います。
(記事担当 松下)